2016年神戸ルミナリエは12/11まで!

スポット情報

2016年神戸ルミナリエは12/11まで!
  • bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
  • 世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。
憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!

1995年に起きた阪神・淡路大震災犠牲者への鎮魂のために始められた神戸ルミナリエ。当初はとてもきれいなイルミネーションだと大きな話題となりました。
毎年続けられている鎮魂のイルミネーションは今年もきれいに輝いています。

いつもさーっと話題になったかと思ったら話題にならなくなる神戸ルミナリエ。調べてびっくり。開催期間が10日間しかないんですね!
2016年は12月2日から12月11日までということで、もうすぐ終わってしまうそうです。早い。

神戸ルミナリエはやっぱりきれい!

「神戸ルミナリエ」は、1995年1月17日に兵庫県南部地方を襲った阪神・淡路大震災の記憶を次の世代に語り継ぐ、神戸のまちと市民の夢と希望を象徴する行事として開催しています。
大震災が起こったこの年の12月、年初の悲しい出来事による犠牲者への慰霊と鎮魂の意を込めた「送り火」として、また、間もなく新しい年を迎える神戸の復興・再生への夢と希望を託して「神戸ルミナリエ」が始まりました。未だ震災の影響が色濃く残り、復旧途上にあった神戸の夜に初めて灯った、イタリアからやってきた荘厳な光の芸術に連日感嘆の声があがり、震災で打ちひしがれた神戸のまちと市民に大きな感動と勇気、希望を与えました。そして、会期終了直後から継続を求める強い声が市民や各界から寄せられ、翌1996年の開催が決定しました。
以来、市民や来場者、趣旨にご賛同頂いた事業者の皆様のご支援と地元の皆様のご理解・ご協力により毎年途切れることなく続けることができ、2016年には第22回目の開催を迎えました。

出典 http://www.kobe-luminarie.jp

鎮魂の祈り、震災の記憶の継承。様々なものが10日間に込められています。今でこそ震災があったことはわからないほどに復興をなしとげた神戸。
ですがまだまだ、実際に震災にあった人の心にはつい最近のこととしてよみがえることのある大きな災害でした。多くの人が少しでも心穏やかに過ごせますように。

「ルミナリエ」はヨーロッパのバロック時代(16世紀後半、ルネッサンス期)に盛んに創られた祭礼や装飾芸術のひとつとして誕生した、光の魅力を駆使した建築物がその起源とされ、やがてイタリア南部において電気照明を使用した幻想的な光の彫刻に変化を遂げ、現在の形態になったものです。

出典 http://www.kobe-luminarie.jp

基本情報

名称神戸ルミナリエ
会場旧外国人居留地および東遊園地
開催期間2016(平成28)年12月2日(金) ~ 12月11日(日) 10日間
点灯時間月~木曜日 18:00頃 ~ 21:30
金曜日 18:00頃 ~ 22:00
土曜日 17:00頃 ~ 22:00
日曜日 17:00頃 ~ 21:30
主催神戸ルミナリエ組織委員会


1
今世紀最強の資格、10億円の遺産相続資格の取り方とは?

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

月別アーカイブ

指先一本で成り上がる世にも奇妙な稼ぎの仕組みとは?