茨城県水戸市に広がる四季の絶景♪『偕楽園』

絶景スポット

茨城県水戸市に広がる四季の絶景♪『偕楽園』
  • bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
  • 藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!
旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸

茨城県水戸市にある『偕楽園』とは?

偕楽園は金沢の兼六園、岡山の後楽園とならぶ「日本三名園」のひとつで、天保13年(1842年)に水戸藩第九代藩主徳川斉昭によって造園されました。斉昭は、千波湖に臨む七面山を切り開き、領内の民と偕(とも)に楽しむ場にしたいと願い、「偕楽園」をつくりました。園内には約百品種・三千本の梅が植えられ、早春には観梅客でにぎわいます。

出典 http://www.koen.pref.ibaraki.jp

公式HPにもある通り、偕楽園は梅の名所として有名で、梅の花の季節には一面梅に埋めつくされているかのような景色が広がります。

特に春から初夏は花が続く季節。梅、桜、ツツジと次から次へと来園者の目を和ませます。

梅が花盛りの偕楽園

色とりどりの梅が広大な園内を埋めつくす様を高台から見ればまさに梅の花の海。どこを歩いても梅に行き当るので花見の散策も楽しくできます。
梅の見頃は2月下旬から3月いっぱいまで。

夜梅祭も見逃せない

梅の種類によって開花時期は微妙にずれるものの、だいたいの種類が満開をむかえる3月上旬から中旬にかけては夜にライトアップも行われます。
夜梅祭ではキャンドルを使った演出もあり、いっそう幻想的な雰囲気に包まれる梅園でイベントが盛りだくさんです。開催日をチェックして訪れてみてください。

梅が終わったらすぐに桜まつり

ソメイヨシノだけでなくいろんな種類の桜が植わっている偕楽園の桜まつりは長く、4月上旬の2週間程度続きます。遅咲きの梅が薫るなかで楽しむ桜もまた風情のあるものです。

まってましたとばかりにツツジが続く

桜が終わり汗ばむ陽気になるとツツジが園内を華やかにします。4月下旬に満開になるツツジは霧島つつじやどうだんつつじなど約380株。野点茶会なども行われます。

花ではないですが…

暑い夏は涼しい場所を求めて集まるもので、広大な園内に広がる杉や竹林は風情もあり、涼もとれると人気があります。

秋を告げる萩の花

一般的には野の花としてあまり注目されない萩の花も群生すればとてもきれいなものです。偕楽園では萩の花にもイベントが設けられています。萩の花が咲き乱れる9月は各種イベントの他にライトアップも行われ、中秋の名月とともに楽しむことも出来ます。

紅葉もとてもきれい

拡張されたとされるもみじ谷は名前のとおり紅葉するもみじが一面にうわっています。もちろん見頃となる11月上旬からはライトアップも行われ、昼と夜の紅葉を楽しむことができます。

日本三名園偕楽園まで徒歩約5分とアクセスしやすいホテルです♪

基本情報

名称偕楽園
所在地茨城県水戸市常磐町1丁目
電話番号029-244-5454(水戸土木事務所)
駐車場あり


1
Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

月別アーカイブ

Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録